精神や体の不調にお困りの方へ

精神や体の不調にお困りの方へ

心(精神)の不調に気付くきっかけとなる症状は、身体の症状・感情の変化・行動の変化・認知の変化があらわれることが多いです。

 

感情の変化としてあらわれる精神的不調

感情の揺れが大きく、抑えられない

イライラ、焦り、不安、怒りなどの激しい感情に襲われてコントロールできなくなり日常生活に支障を及ぼす場合があります。このような感情は初期の変化がある段階で、息抜きや気分転換などをしてストレスを発散させて最終的に気持ちを落ち着かせることができるのですが、不調を放置してしまい、感情が制御不能な状態まで至ると、息抜きや気分転換などの少しのストレス発散では心身のバランスが保てなくなり、生活支障まで来す場合があります。
このような感情不調は、物事のとらえ方を変える心理療法が有効な場合があります。日常生活や睡眠状況を見直し、ストレスを軽減した上で誰かに相談する、運動してストレスを発散するなどをおこなっていくことが大切です。

御自身の対処法や心理療法で感情不調が改善しない状態でも、漢方薬や西洋薬を調整することで感情調整が可能な場合がございますので、お気軽に御相談ください。
(当院では、家族調整や家族カウンセリング、専門家族心理療法などはおこなっておりません。問題解決の主体が患者さま御自身でなく、家族調整の場合には、各大学心理学科附属のカウンセリングルームなどに御相談ください)

感情が大きく揺れる症状を起こす心の病気

など

気持ちが落ち込み、何に対してもやる気になれない

気持ちが落ち込み、何に対してもやる気になれない落ち込む、理由なく悲しい気持ちになる、気持ちが塞ぐ、今まで楽しめていたことに興味が持てないといった状態は、強いストレスなどによって脳の働きが低下することで起こります。こうした状態が一日中、2週間以上の期間ずっと続いている場合は、抑うつ状態となっている可能性があります。この抑うつ状態となると、仕事や学業、家事などに支障を生じやすくなります。気持ちが落ち込みやすくなる疾患は数多いので、原因となる疾患を確かめて適切な治療につなげることが重要です。深刻な状態になる前に、気持ちの落ち込みが続くと感じたら生活に影響を及ぼす前に当院まで御相談ください。

気持ちの落ち込みの症状を起こす心の病気

など

からだの変化(症状)としてあらわれる精神的不調

睡眠がうまくとれず、覚醒時の生活に支障がある

疲れていてもなかなか眠れない、寝付きが悪い、寝てもすぐ目覚めてしまう、深夜や明け方に目覚めてそれから眠れなくなる、昼間眠くなるのに夜になると目が冴えてしまう、いくら寝ても寝足りないなど、良質な睡眠をとれないさまざまな状態が睡眠障害に含まれます。快適な睡眠をとれない状態が続くと心身の不調や病気が進行しやすいため注意が必要です。内科的な疾患で睡眠が妨げられているケースもありますので、原因を確かめることが重要です。

内科的な問題がない場合も、生活リズムを整えるなど生活習慣の見直しや服薬で睡眠障害を改善させることができます。良質な睡眠をとれるようになったら慎重に減薬し、休薬を視野に入れた治療も可能です。

睡眠に関する症状を起こす心の病気

など

動悸や息苦しさ、胃腸障害、めまい、しびれ等があるのに、
身体科の検査では異常がみられない

動悸や呼吸しにくさ

心臓の鼓動を強く感じる、ドキドキが強くなる、脈が速い・乱れる、呼吸しにくい、息苦しいなどは循環器疾患や呼吸器疾患、消化器疾患、耳鼻咽喉科疾患、神経内科的疾患などが考えられますが、各身体科で検査をしても異常がないケースも少なくありません。こうした症状は不安や緊張、感情の激しい揺れ、強いストレス、抑うつ状態など心の病気が影響している可能性もあります。また、特定のシチュエーションや場所で身体症状があらわれることがあります。身体症状があらわれているにもかかわらず、各身体科の検査で問題がないという場合はお早めに当院まで御相談ください。

逆に、身体疾患がある場合は、各身体科の医療機関を受診し適切な検査や治療をおこなうことで症状は改善する場合が多いため、当院への受診の御検討の前に、身体科を受診することをおすすめいたします。身体科疾患もなく、症状が続く場合にはお早めに当院まで御相談ください。

身体症状を起こす心の病気

など

行動の変化としてあらわれる精神的不調

止めたい気持ちがあるのに儀式的繰り返し行為が止められない、
何度も確認してしまう

戸締まりや火の元、スイッチやコンセントが気になって何度も家に戻ってしまう、汚れているような気がして何度も手を洗ってしまう、特定の数字・手順・配置に強くこだわってしまうなど、意味のない事だと分かっているが、儀式的繰り返し行為が止められない、気になってしまい何度も確認してしまうなどの行為は、強迫行為の場合があります。
生活に支障が生じ、それが大きなストレスとなって抑うつ状態や睡眠障害、感情の大きな揺れなどを起こすこともあります。このような症状は、西洋薬の内服治療で症状が改善する事もあります。このような症状にお困りの方はお早めに当院まで御相談ください。

止めたい気持ちがあるのに特定の行動を繰り返してしまう症状を起こす心の病気

など

仕事や学業、家事などが手につかない

ストレスや疲労、睡眠不足などにより、仕事や学業、家事などに手がつかない、やる気が起きない、なにもかも億劫になった、これまで楽しめていたものに興味を持てないといった状態になることがあります。疲労や睡眠不足でも一時的になることがありますが、長期間このような状態が続くと深刻な抑うつ状態へ進行する可能性が高くなります。早めに適切な治療を受けることで比較的短期間に改善する場合もございますので、お早めに御相談いただくことをおすすめしています。

やる気が起きない症状を起こす心の病気

など

生活を犠牲にしてもやめられない行動

犯罪行為や自信を痛めつける行為や嗜好品の使用をやめられないことなど、身体的や精神的に生活を犠牲にしても止められない行動がみられることがあります。そのような場合は、専門施設による専用の矯正プログラムを用いての治療が必要となります。 当院では、治療プログラムや専門の医師が在籍していないため、以下の疾患の検査、診断につきましては対応している専門の医療機関を御紹介しております。このような症状でお困りの方は、専門の医療機関を受診してください。

  • アルコール依存症
  • ギャンブル依存症
  • 違法薬物依存症
  • ゲーム依存症

など

記憶にあらわれる心の症状

もの忘れが進行してきた・ぼんやりしている時がある

もの忘れは認知症の初期症状として知られていますが、大きなストレスによって脳の機能が一時的に低下して生じることもあります。さらに、それ以外の心の病気、そして脳の病気でもの忘れの症状を起こすことがあります。 もの忘れには、人の名前を思い出せない、何を探しているのか忘れてしまうなど健康で若い方でも起こるものもあります。ものを探す際にどこに置いたかわからないのではなく、置いたかどうかも覚えていない場合は認知症の可能性があるとされていますが、実際には適切な検査や慎重な経過観察をしないと診断できないことが多くなっています。記憶障害には単なる疲れによる症状から脳実質の腫瘍による症状など、同じような認知機能障害でも、様々な病態が原因の可能性として考えられます。症状がみられた際は、疾患を決めつけず、慎重に幅広い分野から神経内科的な検査をおこない精査する必要があります。

もの忘れが進行してきた・ぼんやりしている時があるなどの症状を起こす心の病気

など

盗聴や監視、誹謗中傷などの攻撃をされていると思う

実在する誰かに盗聴や監視をされている、または攻撃されていると思い安心した生活を送れないなどの状態になってしまう場合があります。このような症状、状況は妄想性障害といい、実際には患者さま御自身の世界(妄想世界)によるものであるため、攻撃されている証拠がなかなかつかめず、御家族や周囲の方、警察などに相談しても取り合ってもらえず孤立して悩んでしまう事が多いです。このような症状が続く事で、睡眠不調や抑うつ気分、身体不調、イライラなど様々な心身不調を引き起こします。
抗精神病薬を継続的に内服することで、患者さま御自身の世界において心配していた妄想が和らいだり、消失したりすることで心身不調を改善できる可能性があります。しかし、患者さま御自身は、実在する相手に一方的に攻撃され、御自身は健全で被害者であるという認識をお持ちの場合が多く、服薬治療などの治療に拒否的な傾向がございます。このような症状にお悩みの方は、内服治療の同意や継続が困難な事により症状改善が難しくなるといった問題がございます。

盗聴や監視、誹謗中傷などの攻撃をされていると思うなどの症状を起こす心の病気

など

住所 〒564-0001
大阪府吹田市岸部北2丁目1-24
千里ガーデンクリニックビルⅡ3F
TEL 06-6318-5525
診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

初診の方も二回目以降の方も完全予約制です。
休診日:月曜・木曜・日曜・祝日・土曜の午後

アクセスマップ

診療時間・アクセス

携帯駐車場(向かいのロイヤルホームセンター駐車場)をご利用ください。


DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成クリニックホームページ制作
TOPへ