医院紹介

ごあいさつ

吹田岸辺へ一番初めに出来た精神科・心療内科クリニック「くれたにクリニック」のホームページを御覧くださり、誠にありがとうございます。
当クリニックでは、うつ病や躁うつ病などの気分障害をはじめ、旧来の分類では不安障害に含まれていた社交不安障害、全般性不安障害、パニック障害や強迫性障害のほか、軽度の睡眠障害や統合失調症などを含めた精神疾患全般の外来通院治療をおこなっております。

また、抗うつ薬や抗不安薬に代表されるいわゆる「西洋薬」だけではなく、依存性や副作用の少ない「漢方薬」も組み合わせた処方をおこなっています。漢方薬を用いる事での利点のひとつは、身体不調を呈している方へ重篤な副作用なく心療内科的に漢方治療をおこなって効果が得られる場合が多い事です。当院では、精神面と身体面の症状へ漢方薬を処方しておりますが、効果の現れ方には個人差が大きく、また、患者さまの状態や御希望をお伺いした上で治療選択しておりますので、漢方薬での治療を御希望の方は担当医師にお伝えください。

適応症となる単極性うつ病の方へは、先端機器であるTMS治療が自費治療でおこなえる環境も整えております。他所の多くでおこなわれているTMS治療は、5cm前進法刺激で担当技師による施行です。当院では①のべ1000回以上の施行歴がある熟練した専属医師が②専用プログラムで割り出した至適位置へ③シーターバーストモード刺激をおこなう方式を取り入れ、世界的最先端知見を加味し高効率に高い効果を目指し専属医師が施行しております。ただし、どんな治療にも限界があるのと同様に、患者様とTMS治療との相性などもあるのか、入院治療など含め20-30回しっかりと施行したTMS治療の世界的統計でも3割の完全治癒を含み6-7割程度の方にしか効果反応がない、とはされています。当院グループでは、独自の評価システムを導入し、治療効果の数値化を適時におこなうことで、効果があるかどうか、継続するか否か、などの治療経過途中の情報共有も可能であり、安心して取り組むことが可能となっております。費用面も、専用機器が1000万円クラスのため、全米平均では一回施行に技師施行でも3万円程度の費用がかかるとされますが、当院では専属熟練医師施行などで一回1万円程度を想定中です。(吹田では受け入れ準備中です)

他所ではなく当院での通院治療をおこなうことで心身の状態が改善され、「来てよかった」「相談してよかった」と皆様が信頼でき安心して治療を任せられるクリニックを目指し、スタッフ共々、引き続き頑張って参りますので、京都府の「医療法人 桂川洛西口くれたにクリニック」ともども、よろしくお願い申し上げます。

医師紹介

院長 榑谷知大(くれたに ともひろ)

経歴

  • 非遺伝性先天奇形で出生し小児期歩行不可も整形外科手術リハを経て歩行や軽運動が可能に
  • 学生時期は趣味の電気工作や細かい作業などに没頭し、電気電子工学専攻エンジニアを目指す
  • 多年の予備校時期に、生涯の恩師や親友に出会い、人と直接対面で関われる医師の道へ転向
  • 国立山梨医科大学医学部医学科合格後はストレートで卒業、現役年度で医師国家試験も合格
  • 京都府立医科大学医学部附属病院、国立舞鶴病院、京都第二赤十字病院などで整形外科医として勤務、修練しつつ、形成外科手技や麻酔科手技も習得 疼痛治療や審美治療も施行可能に
  • 多くの精神疾患患者さまとの出会いや両親死別もあり、精神科へ転向し宇治おうばく病院などで勤務、修練し、精神保健指定医、日本精神神経学会専門医指導医資格取得、心療内科登録医にも
  • 種々の病院勤務の中、400床クラスの病院長経験も経て、平成24年12月 くれたにクリニック開院
  • 平成26年7月より(現 医療法人)桂川洛西口くれたにクリニックの設計開設と治療にも携わる

資格

  • 精神保健指定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本精神神経学会専門医 指導医

診療方針

ひと口に「こころの病」といっても様々な疾患と、同じ疾患名でも患者さまそれぞれに固有の症状経過が存在します。

当院では、精神科外来での薬物療法のみならず、先進機器を用い、必要時には心理療法や入院治療などを御提案し、使えるモノをバランス良く併用して総合的に治療をおこない、患者さまのお困り事が少しでも早く改善できるよう、しっかりとサポートしています。

精神科での治療法は日々改良されつつ日進月歩で進んでおり、次々に新しい内服薬も開発されています。しかし、薬の効果については全ての患者さまに同様に確実に効く薬はない、というのが現状です。しかも、精神科薬の多くは、元来、作用機序や使用法などの特徴として、効果判定を得るのに少なくとも数週間以上の時間がかかるようになっています。副作用が少なくなるよう注意しつつ(有効であり、かつ、最少量である)薬剤調整(出来るだけ短期間で、その患者様に必要な薬剤の種類と量を検討し決定)をおこなうことで、安全かつ有効な治療(続けやすく止めやすい)を心がけております。

医師・スタッフが患者さまの話をしっかりと伺った上で、何が原因なのかというところから一緒に探っていき、症状などの解決に向けて共同作業が始まります。

患者さまの個別性にも注目しながら、適した治療法を焦らず確実に行ないつつ、出来るだけ早期の症状改善に向けて一緒に一歩一歩着実にすすめて行くことが大事だと考えております。

体の病気から精神症状を認める場合もありえるため、状況にも依りますが、最初に体のチェックから始めていただく事もあります。身体各科の専門的診察および検査結果などにより、先におこなっていただいた身体科治療がメンタル不調の改善につながることも多数あり、他院含めて順序立てて適切な診察や治療をおこなっていく必要があります。

また、精神科診療が身体科診療と異なる特異的特徴として、患者様の生い立ちや現在周辺状況が疾患に影響を与える可能性が高く、詳細な聞き取りなどが治療のヒントになることも多い点が挙げられます。時には職場環境調整などを御提案し、所属会社さま担当産業医の診断や指示を活かして異動や業務内容変更等をおこなっていただくことが特効薬的になる場合もあります。

このように、いろいろな視点であらゆる可能性を考えて患者さまと共に治療を進めていく。それが精神疾患における治療スタンスで最も重要なことだと考えています。

当院について

約10年前になりますが、開院にあたっては、患者さまの心のケアを行う診療科目ということで、特に院内環境には徹底的に配慮しました。

たとえば、待合室はプライバシーや感染対策に配慮しつつ窓に向かえる様に椅子を設置し、他の患者さまとの距離感を適度に保てる事で、外来に訪れた患者さまが少しでもリラックスしていただけるような空間にしています。

その他、細かい部分にまで注意を払いながら、患者さまに続けて通っていただける環境づくりを心掛けています。
WEB問診システム導入などで診察時間は短くても、それ以上の有用性があるように工夫しておりますが、時には急な不調で診察に時間を要する場合もあり、待合の患者さまには予定がズレてしまい、御不便をおかけしたり御協力をお願いしたりする事もございます。皆様にとっての快適空間となるようにスタッフ一同で努力して参る所存ですので、どうか宜しくお願い申し上げます。
皆様が安心して相談できる身近な窓口になれるよう、日々精進して参りますので、今後とも、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

精神療法

WEB問診システムなどで予め御記載いただいた情報を元に、診察の中で患者さまとともに問題となる事柄や現在状況などを整理します。その上で、心身症状を精査分析し、今後いかに問題解決を図っていくべきか、可能性をふまえて相互に話し合い、次回までに可能なことには試していただき、次回、同様に詰めていくことを繰り返し、種々の症状や生活状況の改善を図ります。

薬物療法

薬による治療が必要だと判断される場合、薬の作用、副作用を御説明し、御理解して頂いた上で、規定内で必要な量と種類の治療薬を処方致します。薬剤の種類によっては初期投与の方法や量などが決められていたり、薬理作用の発現に数週間などの期間を要したりする場合もございます。不明点があれば遠慮なく処方を受けられた薬剤師や担当医師に御質問ください。納得し安心した上で正しい服用を継続することが、あなたの症状などを改善する治療の近道となります。二回目以降の受診前にWEB問診システムなどで経過の御報告などいただきますとスムーズで的確な薬剤調整になりますので御協力くださると助かります。

漢方治療

抗うつ薬などの西洋薬だけではなく、依存性や副作用の少ない医療用エキス製剤で漢方薬の処方も保険診療内でおこなっております。
西洋薬にも漢方薬にもそれぞれメリット・デメリットがあります。患者さまの御希望をふまえた上で、処方する薬を一緒に決定していきますので御安心ください。

心理療法

専門的な心理検査やカウンセリングを含め、高度な心理療法などが必要と判断される場合には、大学心理カウンセリングの併用も検討提案しております。

入院治療

入院治療が必要な状態である、と判断される場合には、近隣の入院施設のある病院を御提案させていただきます。当院への通院が長い方へは診療情報提供書作成なども数日中に可能です。

受け入れ先に決定した病院様へは、各種手続き書面記入などのこともあり、患者様のみではなく、可能な限り御家族さまなど付添者の方と御一緒に受診していただくことをオススメします。

クリニック概要

医院名 くれたにクリニック
診療科 心療内科・精神科
所在地 〒564-0001
大阪府吹田市岸部北2丁目1-24
千里ガーデンクリニックビルⅡ3F
電話番号 06-6318-5525

診療時間

診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

初診の方も二回目以降の方も完全予約制です。
休診日:月曜・木曜・日曜・祝日・土曜の午後

アクセス

〒 564-0001 
大阪府吹田市岸部北2丁目1-24 千里ガーデンクリニックビルⅡ 3F
TEL : 06-6318-5525

電車でお越しの方

  • JR「岸辺駅」より徒歩10分

お車でお越しの方

  • 提携駐車場(向いのロイヤルホームセンターの駐車場)をご利用ください。

クリニック紹介

外観外観
入口入口
入口入口
受付受付
待合待合
診察室診察室
TMS治療機器TMS治療機器
外観外観
入口入口
入口入口
受付受付
待合待合
診察室診察室
TMS治療機器TMS治療機器
外観
入口
入口
受付
待合
診察室
TMS治療機器
外観
入口
入口
受付
待合
診察室
TMS治療機器

個人情報の取り扱いについて

当院ではプライバシー保護の観点から、患者さまの個人情報について守秘義務を徹底しております。基本的に診察室外では、受付けから会計まで札番号でのお呼び出しをさせていただきます。札番号でのお呼び出しを御希望されない(氏名でのお呼び出しを希望される)場合は、受付でその旨をお申し付け下さい。

住所 〒564-0001
大阪府吹田市岸部北2丁目1-24
千里ガーデンクリニックビルⅡ3F
TEL 06-6318-5525
診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

初診の方も二回目以降の方も完全予約制です。
休診日:月曜・木曜・日曜・祝日・土曜の午後

アクセスマップ

診療時間・アクセス

携帯駐車場(向かいのロイヤルホームセンター駐車場)をご利用ください。


DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成クリニックホームページ制作
TOPへ