自律神経失調症

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは自律神経は意思に関係なく身体機能を調整しており、身体を活発に動かす際には交感神経が働き、睡眠中など安静時には副交感神経が働きます。交感神経と副交感神経はバランスをとりながら身体をコントロールしています。自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが崩れてさまざまな心身の不調が生じる疾患です。主な症状には、疲れやすい、だるい、睡眠障害、頭痛、動悸、息切れ、めまいや立ちくらみ、発汗、ほてり、冷え、便秘や下痢、喉の違和感、頻尿や残尿感などがあります。また、不安やイライラ、抑うつ状態などの症状を起こすこともあります。
自律神経失調症でもバランスの崩れ方にはさまざまなタイプがあります。現代は強いストレスのかかる社会であり、ストレスは心身を緊張状態にして交感神経が過度に優位となり、副交感神経の働きが衰えて発症するタイプが多くなっています。ストレス以外にも、更年期などホルモンバランスの乱れ、不規則な生活、先天的な要因などさまざまな原因が発症に関与します。
自律神経失調症ではさまざまなつらい症状があり、生活に支障を生じる場面も多くなっています。また、内科や耳鼻咽喉科などで検査を受けても異常がないとされて、御自身を責めたり、無理を重ねたりすることでさらに強いストレスがかかり、悪化してしまうことも珍しくありません。
症状や状態などにきめ細かく合わせた治療を行うことで改善が見込めますので、下記のような症状に気付いたらお気軽に御相談ください。

自律神経失調症の主な症状

自律神経の乱れは、全身のさまざまな器官や機能をコントロールしているため、あらわれる症状も幅広く、複数の症状が同時にあらわれることも多くなっています。また、強い症状が出ることもあれば、まったく症状がなくなる時期があるなど、症状の現れ方も一定していません。

  • 疲れやすい
  • 全身倦怠感
  • 睡眠障害
  • 頭痛
  • 片頭痛
  • 強い肩こり
  • 動悸
  • 息切れ
  • 息苦しさ
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 耳鳴り
  • 汗が多い
  • ほてり
  • 微熱
  • 冷え
  • 手足のしびれ
  • 便秘や下痢
  • 口や喉の違和感・不快感
  • 頻尿や残尿感
  • 不安
  • イライラ
  • 焦燥感
  • 抑うつ状態

など

治療方法

症状や状態などにきめ細かく合わせた生活の見直し、薬物療法、心理療法などを行います。自律神経のバランスは生活習慣などの影響で乱れることも多いので、食事、運動、睡眠などを見直し、生活リズムを整えることが重要です。

生活習慣と生活リズムの改善

生活習慣と生活リズムの改善睡眠不足や生活リズムの乱れは自律神経のバランスに大きな影響を与えます。また疲労の蓄積や食事の偏りなども発症のきっかけになることがあります。睡眠や休息の時間をしっかりとって、規則正しい生活を続けることが重要です。体内時計は24時間周期ではなく、なにもしないと徐々にずれていきます。早めに起床して朝日を浴びると体内時計がリセットされて生活リズムを整えやすくなります。

薬物療法

睡眠障害がある、強いストレスにさらされている、不安が大きいなど、患者さまの症状や状態に合わせて薬を処方しています。薬との相性をみるために少量の処方からはじめ、慎重に適量を探っていきます。また、当院では漢方薬による治療も行っており、西洋薬との併用も可能です。

心理療法

患者さまのお話をしっかりうかがって理解・共感した上で支える支持的精神療法、ストレスをためてしまう思考の癖や偏りなどを見直して気持ちのコントロールにつなげる認知療法などをおすすめすることもあります。

御来院いただいた後の注意点

自律神経失調症を気持ちの問題と思い込んで放置して無理し、悪化させてしまうケースがあります。自律神経失調症は適切な治療によって改善が期待できる病気です。上記のような症状がある場合や、内科などで検査を受けて異常なしとされてしまった場合は、早めに御相談ください。

住所 〒564-0001
大阪府吹田市岸部北2丁目1-24
千里ガーデンクリニックビルⅡ3F
TEL 06-6318-5525
診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

初診の方も二回目以降の方も完全予約制です。
休診日:月曜・木曜・日曜・祝日・土曜の午後

アクセスマップ

診療時間・アクセス

携帯駐車場(向かいのロイヤルホームセンター駐車場)をご利用ください。


DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成クリニックホームページ制作
TOPへ