強迫性障害

強迫性障害とは

強迫性障害とは自分の意思に反する思いや行為を、バカバカしいとわかりつつ、止めたいと思いつつも、繰り返さずにはいられない疾患です。特定の思いが繰り返し浮かんでしまう強迫観念と、特定の行為を繰り返す強迫行為の、両方があらわれることが多いのですが、片方だけあらわれることもあります。

以前は不安障害の一種と考えられていましたが、現在では強迫性障害を不安障害とは別の疾患と捉えるようになってきています。手が汚れているように感じて執拗に手を洗ってしまう、戸締まりや火の元が気になって何度も戻ってしまう、特定の数字・手順・配置に強くこだわるなどの代表的な症状は、単純に慎重・きれい好き・神経質などと捉えられやすく、悪化させてしまうことが少なくありません。進行すると外出できなくなるなど日常生活に大きな支障を生じ、うつ病などを合併することもあり、注意が必要です。
強迫性障害は患者さまや周囲の方によってお悩みが深く、大きな支障につながる病気です。WHO(世界保健機関)は、「生活上の機能障害をひき起こす10大疾患」に強迫性障害を含めています。適切な治療によって改善が期待できる疾患であり、早期の治療で特に高い効果が期待できます。疑わしい症状がありましたら早めに御相談ください。

強迫性障害の原因

はっきりとした原因はまだわかっていませんが、生活や環境、過去の出来事、ストレス、感染症など、多くの要因が複雑に関与して発症に至ると考えられています。研究が進んだことで現在は、症状が持続する原因や悪化要因がわかってきており、症状を改善させて日常への支障を解消する治療につながっています。

強迫性障害の主な症状

必要のないことと思っていても特定の思いを振り払うことができない強迫観念があり、それによって特定の行為を繰り返してしまう強迫行為をせずにはいられないのが主な症状です。強迫観念だけ、強迫行為だけがあらわれることもありますが、多くの場合は両方を伴う場合が多いです。
典型症状として下記のようなものがありますが、強迫性障害の症状には他にもさまざまなものがありますので、気になる症状がある場合には御相談ください。

不潔恐怖と洗浄行為

細菌やウイルス、汚れなどへの強い恐怖から、執拗な手洗い・入浴・洗濯といった洗浄行為をせずにはいられない状態です。洗いすぎて皮膚が傷付くほど洗浄してしまうケースもあります。手すり、自動販売機、ドアノブ、つり革などに触れなくなり、外出困難になることもあります。

加害恐怖

自分が他人に危害を与える・与えてしまったのでは、という不安を感じます。思い当たる記憶がなくても、こうした不安が強くなり、新聞、テレビ、ネットなどのニュースを執拗に確認し、警察や消防などに問い合わせてしまうこともあります。

確認行為

戸締まりや火の元などが気になって、外出しても何度も家に戻ってしまうことを繰り返します。鍵・ガスの元栓、コンセント、家電のスイッチなどが気になり、指さし確認、触れて確認、画像撮影で確認などを執拗に繰り返し、見張り続けてしまうこともあります。

儀式行為

自分で決めたルールや手順を正確に行わないと恐ろしいことが起こるという不安が強く生じます。無意味・ばかばかしいと思っていてもそのルールや手順を厳格に守るので日常生活に大きな支障を及ぼし、緊急時に適切な行動ができないなどの危険もあります。

数字へのこだわり

不吉な数字、ラッキーナンバーなど特定の数字に強くこだわる状態です。縁起を担ぐという範囲にとどまらず、日常のあらゆる場面で、行為の回数や目につく数字に振り回されてしまい、生活に支障を生じます。

物の配置、対称性などへのこだわり

デスク・テーブル・棚・引き出しなどに並ぶモノの配置に強くこだわり、少しでも違うと強い不安を生じます。大きさ、左右対称、並行、色の並びなどの配置が乱れていると落ち着かなくなり、何度も整理整頓を繰り返す場合もあります。

強迫性障害の治療

強迫性安障害の治療強迫性障害では、日常生活に支障がない程度にまで症状を抑え、それを維持する治療をおこないます。完治を目指すとそれが強いこだわりになってしまうことがありますので、つらい症状を緩和させて良好な状態をキープすることが重要です。
日常の延長にある症状ですので、患者さまが強迫性障害という疾患を知り、症状や日常生活に及んでいる支障を見直し、必要な治療について正しく理解することが治療には不可欠です。強迫性障害重度の状態の方へは専門的な施設での治療をおすすめしますが、当院は、対応可能な状態の方に限って、SSRIを中心とした内服治療をおこなっております。必要な患者さまには大学心理カウンセリングの併用もおすすめしています。効果が十分な場合には通常の生活が送れるほどに回復される方も多く、思い当たる方は、どんな些細な内容でも遠慮なく御質問ください。

薬物療法

不安と強く関連しているセロトニンの再取り込みを阻害するSSRIを主に使って治療を行います。最適な処方量には個人差が大きいので、少量の処方からスタートし、慎重に経過を観察しながら処方量を少しずつ増やしていきます。効果があらわれるまでに時間がかかりますので、焦らずにじっくり取り組むことが重要です。
また、当院では漢方薬による治療も行っており、西洋薬と併用し患者さま一人ひとりに合った治療をご提案しております。

御来院いただいた後の注意点

治療を開始してから効果を実感できるまで少なくとも数か月かかりますが、回復しはじめると一気に大幅な改善が見られることがよくあります。初期段階であきらめてしまわず、しっかり治療を続けることが重要です。
なお、薬は患者さまの状態を見極めて最適な種類と量を処方していますので、服薬量や服用タイミングなどの指示をしっかり守って服用してください。

住所 〒564-0001
大阪府吹田市岸部北2丁目1-24
千里ガーデンクリニックビルⅡ3F
TEL 06-6318-5525
診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

初診の方も二回目以降の方も完全予約制です。
休診日:月曜・木曜・日曜・祝日・土曜の午後

アクセスマップ

診療時間・アクセス

携帯駐車場(向かいのロイヤルホームセンター駐車場)をご利用ください。


DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成クリニックホームページ制作
TOPへ