統合失調症

統合失調症とは

統合失調症は、幻聴や幻覚、妄想などの様々な症状がみられ、10代から30代の期間で発症する方が多いです。およそ100人に1人に認められる、頻度の高い疾患であることも特徴です。
症状は、「その場にいない人の声が聞こえる」「悪口が聞こえる」「自分の行動に対して指摘やコメントなどが聞こえる」「見張られていると思う」「命を狙われていると思う」「大きな力で自分が動かされている」などの症状がみられます。
適切な内服治療を継続することで、このような幻覚や妄想の症状を抑えることができ、症状と上手く付き合うことができれば心身が安定し、日常生活をおくることができます。

統合失調症の主な症状

統合失調症の症状は「陽性症状」、「陰性症状」、「認知機能障害」の3つに分類されます。

陽性症状 (健康な人には無いものが有る:陽性)

妄想や幻覚などの症状があらわれます。

  • 誰かと会話する様な独り言が多い
  • 監視や盗聴をされていると感じる
  • 尾行されていると思う
  • 命を狙われていると思う
  • 命令する声が聞こえる
  • 悪口を言われていると感じる
  • 実際にいないものが見える など

 

陰性症状 (健康な人には有るものが無い:陰性)

感情障害、意欲障害、社会性障害などの症状があらわれます。

  •  表情が乏しくなる
  • 感情の変化が乏しくなる
  • 感情が場面と不調和になる
  • 口数が減る
  • 能動性が低下する
  • 以前夢中になったことにも興味を持たなくなる
  • 閉じ籠もり
  • 疎通性や社会性が消失する など

認知機能障害

常に過敏状態であることで疲弊し、記憶力の低下や注意力、集中力の低下、判断力の低下などの症状が見られます。

  •  本を最後まで読めない
  • 指示通りに物事を進めることが困難となる
  • 単純作業をこなすことが難しい
  • 気持ちや考えを集中することが難しい など

統合失調症の病型

統合失調症は主にあらわれる症状や経過によって、破瓜型、緊張型、妄想型に分類することができます。

破瓜型(はか型)

破瓜型はは、「喜怒哀楽などの感情が消失する、感情の平板化」、「意欲の低下」、「発動性の低下」などの症状があらわれ、思春期から青年期に発病し、比較的長く続きやすい傾向にあります。

緊張型

緊張型は「急に大声を出して叫ぶ」激しい興奮状態と、「周囲に対しての反応が極端に鈍くなる」昏迷状態という両極端の症状があらわれることが特徴です。症状は基本的に数ヶ月程度で消失しますが、一度発症すると再発を繰り返しやすい傾向にあります。緊張型は、青年期の20歳前後に発症することが多いです。

妄想型

妄想型は幻覚や妄想などの症状があらわれますが、それ以外の症状を認めることは少なく、一見社会でのコミュニケーションは問題なく保つことができており、周囲の人からは病気と認識されていないことが多い事が特徴です。妄想型は、他の病型に比べ発症年齢が遅く、30代前後に発症しやすく、治療効果や治療経過は良好です。

 

脳神経ネットワークで起こっていること

統合失調症は、神経同士のつなぎ目であるシナプス間隙で神経伝達物質の量が変化していることで、脳神経細胞間の信号伝達に異常をきたしているため、多彩な症状がみられます。
陽性症状(幻覚・妄想・自我障害)は、中脳辺縁系でドーパミンが過剰に放出され、受容体が本来はないはずの誤信号を受け取ることで生じます。
陽性症状の一つである自我障害には、考想化声(自分の考えが声になって聞こえる)、思考伝播(自分の考えが皆に筒抜けになっていると感じる)、思考吹入(他人の考えが自分に入ってくる)、作為体験(自分の身体が乗っ取られたように感じる)などがあります。
また、陰性症状や認知機能障害では、中脳皮質系でドーパミンが不足することで外部からの情報を受けとる過程で、情報の取り込み、記録、再生の処理プロセスで異常が生じます。
その結果、注意力、記憶力、学習能力などの遂行能力が低下することで生じます。

 

統合失調症の治療

統合失調症の治療では、内服治療で症状をコントロールします。内服薬は主にシナプスでドーパミンの量的異常を改善する効果があります。その為、内服を継続することで症状が改善されますが、内服を中止すると症状がもどってしまう事が多いため、長期にわたり薬剤調整をおこなっていくことが大切です。ただ、統合失調症は御自身の症状が、治療を要しており、治療可能であるという認識が困難であり、治療を開始する事や継続することが難しいことも特徴のひとつです。患者さま御自身が症状に苦しんでいる状況でも、治療を開始し、適切な治療を継続することで症状は和らぎ、一般就労に至る場合もあります。「これは現実とは異なるものだから無視する」などと、幻覚や妄想などの症状に気付き、気持ちや行動をコントロールすることができれば、自分らしく明るい生活をおくることができます。また、脳画像診断などをおこなうこともある為、単科精神科などの専門病院から受診することをお勧め致します。症状にお困りの方は早期治療開始のため、お早めに御相談ください。

住所 〒564-0001
大阪府吹田市岸部北2丁目1-24
千里ガーデンクリニックビルⅡ3F
TEL 06-6318-5525
診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

初診の方も二回目以降の方も完全予約制です。
休診日:月曜・木曜・日曜・祝日・土曜の午後

アクセスマップ

診療時間・アクセス

携帯駐車場(向かいのロイヤルホームセンター駐車場)をご利用ください。


DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成クリニックホームページ制作
TOPへ